History

「尾州産地概史」年表と中伝毛織の歴史

年代歴史
明治22(1889)墨宇吉、整理業創業(艶金興業の前身)
明治27(1892)尾州産地の綿織物生産額全国1位
明治31(1898)豊田佐吉、動力織機を開発し特許取得
明治39(1906)中島伝右衛門が綿織物の機屋を創業(中伝毛織の前身) (1)
明治40(1907)愛知県尾西織物同業組合が尾西織物同業組合に改称
明治42(1909)
日本の生糸輸出量、中国を抜いて世界1位に
大正11(1922)三井物産が尾州で「工毛会」結成
大正12(1923)工毛会が一宮整理を設立(ソトーの前身)
昭和6(1931)中伝毛織創業 (2)
昭和7(1932)大日本毛織工業組合連合会(毛工連)設立
昭和10(1935)愛知県毛織物整理工業組合設立
昭和11(1936)尾州産地の毛織物生産戦前の最高記録
昭和12(1937)オーストラリアの発案でIWS
昭和14(1939)価格統制令で毛織物の価格統制
昭和23(1948)日本百貨店協会設立、日本羊毛紡績会設立
中島伝右衛門が綿織物の機屋を創業(中伝毛織の前身)


中伝毛織創業


年代歴史
昭和25(1950)朝鮮戦争

津島毛織工業協同組合、岐阜県毛織工業協同組合設立
尾州産地特需景気起きガチャ万景気

昭和29(1954)

尾州産地不況に、日本毛織物等工業組合連合会(毛工連)設立

昭和31(1956)第一回織物感謝祭 一宮七夕まつり開催
昭和35(1960)中伝毛織㈱設立 資本金500万円 中島幸雄初代社長に就任  (3)(4)(5)
昭和39(1964)

東京オリンピック開催

尾州産地で丸編み機の導入、中伝毛織資本金1,000万円増資
昭和41(1966)資本金3,000万円で「中島株式会社」を設立 中伝毛織資本金1,500万円増資
昭和42(1967)日本毛整理協会設立
昭和43(1968)中伝毛織資本金2,000万円増資
昭和45(1970)日本繊維産業連盟発足
昭和46(1971)中伝ニット工場を新設。ニットマシン45台設置 (6)(7)
昭和48(1973)

オイルショック

尾州産地で毛糸定期市場廃止決起大会開催 資本金2,500万円増資
昭和49(1974)スルザー工場新設。スルザー織機48台設置
昭和51(1976)

ロッキード事件

中伝毛織・従業員100人就業達成 資本金4,500万円増資
昭和55(1980)
中伝毛織・創立20周年を迎える
昭和56(1981)
中伝毛織・従業員150人就業達成
昭和57(1982)

日本アパレル産業協会設立

スルザー織機 120台設置
昭和58(1983)
一宮萩原字朝宮に社員福利施設にとして「中伝野球場」を新設
昭和59(1984)
中伝毛織・第1次コンピュータによる事務処理開始
昭和60(1985)
中伝毛織・創立25周年を迎える(創業80年祝)
昭和61(1986)
中伝毛織・売上高100億円達成 伝興産設立
昭和62(1987)
資本金8,500万円増資
昭和63(1988)
中伝毛織・本社社屋完成 (8)(9)
中伝毛織㈱設立 資本金500万円 中島幸雄初代社長に就任
中伝毛織㈱設立 資本金500万円 中島幸雄初代社長に就任
中伝毛織㈱設立 資本金500万円 中島幸雄初代社長に就任


中伝ニット工場を新設。ニットマシン45台設置
中伝ニット工場を新設。ニットマシン45台設置
中伝毛織・本社社屋完成


中伝毛織・本社社屋完成


年代歴史
平成1(1989)

消費税3%実施

中伝毛織・エアー織布工場を新設。エアー織機48台設置 (10)
平成3(1991)

バブル経済崩壊

中伝毛織・中島幸雄会長、中島英吉社長、中島学副社長就任
東京・大阪に於いて独自の展示会を開催
平成4(1992)
「尾州の匠」シリーズによる展示会開催
平成5(1993)
中伝毛織・中国の合弁会社「江陰大洋毛紡有限公司」設立 (11)
(現・江陰日毛紡績有限公司)
平成7(1995)
中伝毛織・中島幸雄会長、中島学社長、中島幸介常務、中島君浩常務就任
平成8(1996)
中伝毛織・中国の合弁会社「江陰陽光中伝毛紡有限公司」に出資
平成10(1998)
ジャパン・クリエーション開催 (12)(13)
平成14(2002)
尾州 テキスタイル・カレッジ開校
平成15(2003)
中伝毛織・中島学会長、中島幸介社長、中島君浩副社長就任
平成17(2005)

愛知万博開催

中伝毛織・中国の合弁会社「江陰日毛染色有限公司」に出資
平成18(2006)
アセ興㈱(現 匠染色㈱)をM&Aにて子会社化 (14)
茶健興業㈱を営業譲受のため子会社「匠整理㈱」を設立、小槻雅寛が社長就任 (15)
平成20(2008)

リーマンショック

6月ネームジャガード機、11月ドルニエ織機 導入
平成21(2009)
6月からみ装置 導入
平成22(2010)
尾州産地を考える会発足 創立50周年を迎える
スズキワーパー1号機、40G丸編み機2台導入 (16)
平成23(2011)

東日本大震災

第4・5回BMEを開催
総合展「THE 尾州」開催
第9回 ジャパンヤーンフェアを開催(9回~一宮市総合体育館)
平成24(2012)
第1回 Tweed Run Tokyoに参加 (17)
GINZA FASHION WEEK2012(銀座をあたためる)に参加
3月ドルニエ エアー織機2台 導入
平成25(2013)
第1回Tweed Run NAGOYA2013を開催
中伝毛織 織物工場の屋根に太陽光パネル設置 (18)
5月ドルニエレピア織機4台 導入
6月匠整理社長に中島君浩が就任 海外展「ミラノウニカ」に出展 
11月エアー織機用ネームジャガード 導入
平成26(2014)

消費増税(5→8%へ)

第11回 ジャパンヤーンフェアを開催
海外展「ミラノウニカ」に出展
6月島精機制作所 SRY2台 ホールガーメントMINI
9月7G/28Gクォーター替窯2台 導入
平成27(2015)

J∞QUALITY認証制度スタート

Tweed Run Bishu Ichinomiya2015を開催

(一社)日本ファッション産業協議会

中伝毛織・匠染色・匠整理 J∞QUALITY認定
1月島精機 デザインシステムおよびSRY 2台
2月ピカノールOPUTUMAX
3月ホールガーメントMINI 導入
平成28(2016)
海外プロジェクト スタート
Tweed Run Bishu Handa2016を開催

2月ピカノールOPUTUMAX
7月織華
8月SRY 2台
11月SSMワインダー 導入
平成29(2017)
海外プロジェクト 第1弾NYファッションウィークにてシアタープロダクツとコラボレーション (19)
Tweed Run NAGOYA2017を開催

9月20G/40G ハーフゲージ V-4AL替窯 導入
平成30(2018)

経済産業省 はばたく中小企業300社選定

匠整理と藤井整絨㈱が合併 中島幸介会長・藤井光輝社長就任 (20)
海外プロジェクト NYファッションウィーク GABRIERA HEARSTのショーに参加
Tweed Run Bishu Inuyama2018を開催 (21)
6月22G裏毛機MXC-S3.2 導入
中伝毛織・エアー織布工場を新設。エアー織機48台設置


中伝毛織・中国の合弁会社「江陰大洋毛紡有限公司」設立


ジャパン・クリエーション開催
ジャパン・クリエーション開催
アセ興㈱(現 匠染色㈱)をM&Aにて子会社化
茶健興業㈱を営業譲受のため子会社「匠整理㈱」を設立、小槻雅寛が社長就任
スズキワーパー1号機、40G丸編み機2台導入


第1回 Tweed Run Tokyoに参加


中伝毛織 織物工場の屋根に太陽光パネル設置


海外プロジェクト 第1弾NYファッションウィークにてシアタープロダクツとコラボレーション


匠整理と藤井整絨㈱が合併 中島幸介会長・藤井光輝社長就任


Tweed Run Bishu Inuyama2018を開催
22
年代歴史
令和1(2019)

消費増税(8→10%へ)

海外プロジェクト KOCHEのパリコレに参加 (22)
Tweed Run Bishu Hashima2019を開催 (23)
1月イテマレピアR9500 6台 40G丸編機
3月スズキワーパー2号機 導入
6月はばたく中小企業300社(経済産業省)に選ばれる (24)
12月J∞QUALITY アワード2019「ものづくりの達人たち」大賞を 中伝毛織 企画部デザイナー 加藤芳男が受賞 (25)
12月20日 創立60周年・創業115年を迎える (26)
令和2(2020)

海外プロジェクト KOCHEのパリコレに参加


Tweed Run Bishu Hashima2019を開催
Tweed Run Bishu Hashima2019を開催
6月はばたく中小企業300社(経済産業省)に選ばれる
画部デザイナー 加藤芳男が受賞
12月20日 創立60周年・創業115年を迎える