Process

織布工場 作業工程

1.原糸入荷

紡績工場、染色工場、撚糸工場より、様々な原糸が入荷してきます。(ウール・綿・麻・化合繊・加工糸など)

使用用途により、原糸を仕分けし、各作業がスタートします。

2.整経

紡績工場、染色工場、撚糸工場より、様々な原糸が入荷してきます。(ウール・綿・麻・化合繊・加工糸など)

使用用途により、原糸を仕分けし、各作業がスタートします。

見本整経機

紡績工場、染色工場、撚糸工場より、様々な原糸が入荷してきます。(ウール・綿・麻・化合繊・加工糸など)

使用用途により、原糸を仕分けし、各作業がスタートします。

3.ドローイング

紡績工場、染色工場、撚糸工場より、様々な原糸が入荷してきます。(ウール・綿・麻・化合繊・加工糸など)

使用用途により、原糸を仕分けし、各作業がスタートします。

4.ワインダー

紡績工場、染色工場、撚糸工場より、様々な原糸が入荷してきます。(ウール・綿・麻・化合繊・加工糸など)

使用用途により、原糸を仕分けし、各作業がスタートします。

多目的ワインダー(オリジナル)

染色工場で使用するP.P巻きや、FTY特殊原糸の分割にと、使用用途が広いワインダー。


SSM高速ワインダー

トラバース式高速ワインダー多目的ワインダーの3倍の速度で量産可能。

5.織機(織り)

ドイツ製 ドルニエ

積極レピア方式で緯糸が異種異番手に対応できる万能織機。カラミ装置、耳ネームジャガード装置配備。

ベルギー製 ピカノール

大口レピアで汎用性が高く、ガイドレスにより、高品質な商品の製織に向く。

スイス製 スルザー

経・緯 高密度で細番手糸、加工糸(PU、フィラメント)に対して適しており、安定性のある織機。

6.検反

織り上がった織物が、規格どおりに仕上がっているか、事故反が発生していないかの検査をする工程です。(織物の長さ重さを計測します)

7.出荷

検反が終わった反物を、各補修工場、整理工場に出荷します。

ニット工場 作業工程

1.ワインダー

ニットの大切な準備工程。

原糸にワックスを付け編みやすい糸にする。

2.丸編機

シングルニットマシン (21台)

ローゲージニットから32Gファインゲージジャガードまで幅広く対応。


ダブルニットマシン (18台)

40Gファインゲージマシン配備。

3.検反

編み上がった生地が規格通りに仕上がっているか、事故反が発生していないかを検査する工程。